自営業のやり方!仕事がいつまでもあるわけはない!

仕事はいつでもあるわけではない

自営業では仕事がいつでもあるとは限りません。仕事が毎日あるサラリーマンとは違って、仕事がないときは休みになりますし、お金は入ってきません。そのリスクがあるからこそ、料金が高く設定されています。そんな自営業では仕事がないことは死活問題です。そのため、仕事を常に持ち続ける努力が必要になります。ただ、自営業では仕事が毎日あることはほとんどありません。固定顧客からの依頼がある場合は別ですが、定期的に働くことは難しいのです。

営業活動が重要になってくる

自営業が続けて働くために重要になるのが営業活動です。自営業の営業活動は企業訪問などで仕事を獲得するのは難しいでしょう。そこで大事になるのは、元請けとのパイプです。元請けが取っている仕事を回してくれれば、続けて働くことができるからです。しかし、一社だけでは続けて仕事があるとは限りません。そこで複数の元請けから仕事をもらうことが大事になるのです。仕事がないときには、他の元請けのから請け負うことができれば、仕事が途切れることはありません。そこまでの関係ができるのであれば、しっかりと強化しておくことが大事です。また、仕事がきたら断らないことも大事です。仲間を作って仲間と協力してでも仕事を終わらせます。それであれば、次の仕事も舞い込んでくるでしょう。

仲間からの仕事は次へのつながる

仲間から仕事を頼まれることがあります。その仕事は次につながる仕事になります。そう考えて、真面目に取り組むことが大事なのです。上手くいけば、仕事がない時期をカバーしてくれるかもしれません。

フランチャイズとは、ビジネスモデルの1つです。企業本部に加盟することで、その企業のブランド商品を販売して店舗を運営することが出来ます。