フランチャイズを選ぶ場合に知っておきたい知識とは何か

お金関係を明確にしておく

フランチャイズ契約は、有名なお店の名前を使える権利やある程度有名なブランドの商品を扱うことができるため、最初から売り上げを伸ばすことができる可能性があります。結果的に、黒字になる可能性が高くなりますのでメリットは大きいと言えるでしょう。

しかしその一方で、フランチャイズ契約の場合は個人で開くお店とは異なり、権利金等のお金がかかってしまいます。権利を使わせてもらう以上権利金を支払うのは当たり前ですが、フランチャイズの契約によって金額が大きく異なってしまう可能性があるためしっかりと確認をしておかなければなりません。なんとなく思いつきで選んでみたものの、他のフランチャイズ契約のほうが安いようなことも考えられます。それ以外にも、ロイヤリティーが何パーセント位になっているのかを知らなければ負担が大きくなってしまう可能性も否定できません。

周辺に競合他社がないかをよく調べる

フランチャイズの契約をする場合には、周辺に競合他社がないかをよく調べることも重要です。例えば、コンビニエンスストアを開く場合には、半径1キロ以内にどれだけコンビニエンスストアがあるかを確認しておく必要があります。もちろんフランチャイザーの方でも実地調査などを行っていますので調べてはありますが、最終的には経営するのは自分であることを忘れないようにしましょう。特にコンビニエンスストアの場合には、同じブランドのお店が近くにあると、不利に働く可能性が高いです。後は、近くに本社が出しているお店がないかも確認しておくべきです。

新たに副業を始めるなら、代理店も選択肢のひとつです。大手と契約を結べば営業やサービスのノウハウを学べます。