太陽光発電で稼ぎたい!急がないとなのはなぜなの?

売電価格は下がる一方だから

太陽光発電を使って稼ぎたいなら出来るだけ早く始めた方が良いとよく言われます。少し待っていれば太陽光発電パネルの性能も向上して、より電気をたくさん生み出せるようになるから焦らない方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。その考え方も誤りではありませんが、現実的にはすぐにでも始めた方が良いのは確かです。太陽光発電で稼ぐためには生み出した電気を売ることが必要になります。売電価格は現状では国が管理してくれていて、一定期間はかなり高く買い取ってもらうことが可能です。しかし、その売電価格が毎年下がってきてしまっているため、早く始めた方が良いのです。始めてしまえば期間が終わるまで同じ価格で売り続けられるのでとても有利になります。

助成金や補助金も減りつつあるから

もう一つの理由として挙げられるのが太陽光発電の設置にかかる費用を工面するのが難しくなりつつあるからです。パネルを購入する際にかかった費用の一部を地方自治体が負担してくれる助成金や補助金の制度があります。この実施は地方自治体に委ねられているので、地域によって実施されているかどうかも、実施されていても金額や条件がどのように設定されているかも異なっています。全体的な傾向として太陽光発電を始める際にもらえる助成金や補助金は少なくなってきているのが現状です。そのため、まだ助成金や補助金がもらえるうちに始めた方が初期投資額を少なくできるでしょう。このような観点からも一刻も早く始めた方が得策なのです。

太陽光発電の価格は、電力会社ごとに定められており、まとめて電力を売却することで価格が上がるシステムが採用されている会社も多くあります。