紙のスタイルはもう古い!タイムカードもアプリの時代に!

タイムカードアプリって何?

タイムカードアプリとは、従来紙媒介で使用されてきたタイムカードとそれによって行われてきた勤怠管理をアプリケーションで行うことができるものを指します。個人でダウンロードして利用できるものもありますし、会社側が勤怠管理システムとして活用できるアプリも徐々に増えてきている傾向にあるようです。

また単純にタイムカードとして利用できるもの以外にも、残業時間を計算するためのタイムカードアプリなど色々な種類が用意されています。

タイムカードアプリでは何ができる?

タイムカードアプリでできることは、主に勤怠管理が挙げられています。

タイムカードのアプリケーションなのだから勤怠管理ができるのは当たり前だと思われがちですが、ただ勤怠管理ができるだけではなく残業時間の計算やコントロール、さらに給与計算のソフトや機能と連動させることによって給与明細にも反映させることが可能です。

ほかにもタイムカードアプリによって利用できる機能が異なっており、有料サポートを導入することによってさらに様々な機能を利用することもできます。

メリットやデメリットについて

タイムカードアプリのメリットは、会社だけではなく自分たちでも勤怠管理をすることができるという点です。従来のタイムカードと比較するとより手軽に確認や管理ができるようになるので、1人1人の勤怠管理の意識を高めることができます。また残業時間の管理や計算もできるようになるので、残業時間の短縮や手当の請求をする際の証拠としても提出可能です。

デメリットとしては、導入にコストがかかってしまう点やアプリによっては有料サポートを利用しないと有効に活用できない場合がある点が挙げられています。

タイムカードアプリは、スマホやパソコンにダウンロードをすることで、一人ひとりの社員が時間や場所によらず、出退勤の時刻をワンタッチで入力することができます。