事業継承のポイント!計画を立てて実行すること!

事業継承は計画を立てることから始める

事業継承はすぐに実行できるものではありません。まずは準備をすることから始めます。準備を始める前に計画を立てましょう。計画は事業継承の実行日を決めることが最初です。3年後に事業継承すると決めたのであれば、その日に向けて逆算して計画します。事業継承は時間をかけるほど上手くいく確率が上がりますので、時間をかけて事業継承を実行するといいでしょう。計画に実行日までの詳細なタイムスケジュールを割り振ることで、しなければならないことが明確になります。

候補者選びと教育も重要

事業継承で重要な部分を担うのが後継者です。この後継者は社内の中から選ぶと、事業継承が上手くいくことが多いです。社内の人であれば、その会社の風土や文化をしっかり理解しているからです。風土や文化は会社の根幹になる部分ですので、この部分を変えないリーダーならそのまま会社は上手くいくでしょう。会社はリーダーによって大きく変わってしまいますので、事業継承で会社の色を変えてしまわないようにすることが大事です。

時期が来たら迷わず実行する

事業継承で最も重要なのは実際に実行する部分です。実行する時期が決まっているのであれば、粛々と実行することが大事です。色々な事情で遅延させたり、約束を守らないとあとあと禍根を残すことになります。そうならないように時期が来たら、問題が残っていたとしても迷わずに実行するといいでしょう。残っているトラブルは交代した首脳陣が抱える問題であって、事業継承を遅らせる理由にはなりません。

事業承継は、経営権、株式、不動産等を後継者に承継させることです。血縁者が承継の場合承継者の能力が問題に、社内役員が承継者の場合株式処分方法が問題になる場合があります。M&Aでの承継の場合も有ります。