しっかりと理解しておきたい!青色申告と白色申告の相違点とメリット

青色申告と白色申告の特徴の相違

個人事業などを展開している場合、確定申告は青色申告及び白色申告が存在します。白色申告は事業を開始した直後の人が選定される方法で、青色申告の様にあらかじめ申請することが求められません。それから、出す書類もあまりなく、帳簿も簡単なもので対応できます。しかし、白色申告は青色申告で受けることができる特典がありません。白色申告とは異なり、青色申告はあらかじめ税務署に所得税の青色申告承認申請書を出すことが求められます。申請書は税務署で受け取るか、国税庁のページからダウンロードできます。青色申告承認申請書には期限があって、新しく事業を開始した場合と、白色申告より青色申告に替えるケースとで違ってきます。1月1日から15日迄に開業したケースでは、3月15日迄に出す必要があります。1月16日以後なら、開業の日から2ヶ月内が期限です。白色申告を青色申告に変更するケースでは、変更年の3月15日までに出す必要があります。

それぞれの申告のメリット

白色申告は、事前申請を不要です。それから、年の売り上げより経費を差し引いた事業所得から税金を支払うことになります。それ故、出す書類は、収支内訳書及び確定申告書の2つのみになり、青色申告の様に複式簿記の帳簿を付ける義務はありません。一方青色申告の利点は赤字を繰り越せることができ、特別控除という形で10万円或いは65万円の節税が可能となっています。その上、親族に対する給与を経費という形で計上でき、加えて小額減価償却資産の特例ということで、10万円以上の物を購入すると30万円未満なら、その年度の経費という形で一括して落とせます。

青色申告は、最大で65万円の所得控除や専従者給与で節税ができるため、個人事業主などにとってはお得な申告方法です。