どうしてやるの?社員研修をやる目的って?

個人の成長を促すため

社会人になると必ずあるのが社員研修ですがなぜ企業は社員研修を行うのでしょうか?その理由として挙げられるのが、個人の成長を促すためであると言えそうです。個人の成長とは社会人としてのスキルを磨くことや会社の理念研修を受け自分がこの会社で貢献すべきこととはなにか、ということなどを考え身につけていくことではないでしょうか。特に新入社員は学生から今まで経験したことのないよう社会に飛び込むので、基本的なビジネスマナーが身についていないということが多いようです。新入社員研修を行うところが多いのは、新入社員に対してこの社会人として足りない部分を身につけ個人の成長を促すためであると言えそうです。

企業の成長に繋げるため

社員研修の目的は個人の成長のようですが、ではなぜ個人の成長が必要なのでしょうか?それは個人の成長が企業の成長に繋がるためであると思われます。社員は会社の鏡であると言われるように社員の雰囲気やスキルレベルによって会社のイメージや成長は変わってくるのではないでしょうか。社員がやる気に満ち溢れ仕事に対しての意欲が強ければ、会社の売り上げや評価は向上するかと思われます。社員研修を行い社員を教育していくことは社員のモチベーションを上げ仕事へのやる気を持続させる意味もあると考えられます。

研修はなぜ行うのか?と思っていた方はこれらを参考に自分の会社での役割をしっかりと把握し、会社の成長には社員一人一人のやる気が大切であるということを理解して、仕事へのやる気に繋げてみてはいかがでしょうか。

管理職研修とは「部下を育て、動かすことができる」「適切な指導ができる」管理職を育成するための研修です。