ホームページを作ったらSEO施策も忘れずに行う

宣伝にはお金がかかっていた

店や企業が特定の地域・属性に向けて宣伝を行う場合、テレビCM・ラジオCM・街頭広告などには多額のお金がかかるものです。しかし、インターネットの普及により、広告宣伝費をほとんどかけることなく、ホームページを通じて店や会社をうまく宣伝出来ているケースが増えています。そして、そのカギとなるのがSEOです。

SEOとはどんなものか

SEOとは、「Search Engine Optimization = サーチエンジン最適化」の略語になります。そして、TITLEタグやメータタグ、見出しタグなどを最適化させたり色々な事をして、サーチエンジン検索結果にて上位を狙う手法・行為をSEOといいます。

各種タグ改良以外に必要な事

TITLEタグをはじめとした様々はHTMLタグを最適化させると、特に競争率が低いジャンルにおいては一気に検索順位を高められる可能性を秘めています。ただし、日本中の会社・店・個人がSEOの大事さを分かっていて様々な施策を行っているため、タグ改良をしたくらいでは大幅な順位アップを期待できなくなってきている部分もあります。現在ではサーチエンジンのロボットは滞在時間の長さもよくみているため、タグ改良と併せてページの中身を付加価値の高いページに改良していく事も大事になってきています。また、ホームページ内のページ数が多いほうが大規模な組織だと判断してもらえる上、各ページの内部リンク数が増えるため順位が上がりやすい傾向です。そのため、付加価値の高いページをとめどなくどんどん増やし続けていく事も重要になります。

ホームページ作成とSEOは、ネットビジネスで顧客を集めたり、新商品をアピールしたりするために欠かせない取り組みの一つです。